ディスプレイ一体型パソコンのメリット

ディスプレイ一体型パソコンのメリットはいくつかありますが、多くの人が圧倒的に感じる部分はケーブルの数が少ないという点になると思います。

通常デスクトップパソコンはパソコン本体とディスプレイをつなぐ必要があるため、モニター用のケーブルが必要になります。

最近はDisplayPort(ディスプレイポート)という規格が登場していて、アナログのVGA端子やデジタルのDigital Visual Interface(DVI)端子と比較しすると扱い易くなっていますが、普及がまだまだなので実際に使われるのはもう少し先になってくると思います。

また、ディスプレイ接続ケーブルの他にパソコン本体、ディスプレイとも電源が必須になるため、必然的に電源ケーブルも2つ必要になってしまいます。電源ケーブルは規格にもよりますが、基本的には太くなっているので、何気に邪魔だったりしますよね。

これがディスプレイ一体型パソコンの場合は、ディスプレイと一体になっているためディスプレイとのケーブルが必要なくなります。また電源も共通で使うことになるため電源ケーブルも1つになるので、最低限必要なケーブル類は電源ケーブル1本!とかなりスッキリとさせることができます。

設定関連もオールインワンでできる

最近のパソコンはOSの進化もあって、個別設定が必要なケースは少なくなってきていますが、セパレートタイプのパソコンの場合、ディスプレイ、パソン本体それぞれの設定が必要になりますが、ディスプレイ一体型パソコンであれば、この設定も一気通貫で行えます。

中でもディスプレイ絡みは表示されないとその先に進むことすらできないので、ディスプレイの設定が不要のディスプレイ一体型パソコンであれば、ディスプレイに何も表示されなくて困ることはありえません。

もちろん、本体が故障していれば何も映らないですけど…

レイアウト変更や移動が簡単にできる

ディスプレイ一体型パソコンが重宝するのは使っている時だけでなく、レイアウト変更するときや使用場所を移動するときもあります。

というのも、ディスプレイ一体型パソコンの場合最も大きなパーツはパソコン本体だけになるので、レイアウト変更を行うときには、パソコン本体のみを移動すればほぼ終了です。また、ケーブルの配置に関しても電源ケーブル、場合によってはLANケーブルだけを考えればよくて、面倒なケーブルの接続がありません。

電源ケーブルの他にマウス、キーボードも移動しないと使えませんが、サイズも小さく重さもたいしたことがないので、移動するのに苦労を感じることはないと思います。

ただ、、、、最近のディスプレイ一体型パソコンは大型化しているため、置き場所は限られますし、重さも結構あるのでモバイルパソコンのように「気楽に移動」というわけにはいかないですけどね…

コメントを残す

Copyright © 2017 ディスプレイ一体型パソコンNavi. ALL right reserved.