NEC

NECのディスプレイ一体型パソコンは「VALUESTAR G タイプW」「VALUESTAR G タイプN」の2つのシリーズで販売されています。

現状の位置づけとしてはざっくりと分けて
「VALUESTAR G タイプW」
フルHDの23インチ液晶を搭載するハイスペックパソコン

「VALUESTAR G タイプN」
20インチ液晶を搭載するエントリーモデル

という感じになります。

NECも富士通同様に、ビジネス向けのディスプレイ一体型パソコンも製造しているので、一体型パソコンに対するノウハウはそれなりに持っていると思います。

ただ、富士通と比較した場合NECのほうがコンシューマ市場のほうに軸足をより置いている印象があり、その分映像や音に拘った「AVパソコン」に力を入れている感じはあります。

その1つの集大成がハイスペックパソコンの「VALUESTAR G タイプW」になると言えます。

<参考>
NECのビジネスモデルは「Mate J」というモデル名で販売されていて、その中でもディスプレイ一体型パソコンは「タイプMG」という名称になっています。

コンシューマモデルも、ビジネスモデルもモデル名としてはすっきりとしていて嫌いではないですが、無機質な感じがあるので、覚えられない人はずっと覚えられない感じがしますね。

NEC Direct(NECダイレクト)

<注意>
この記事は2010年11月時点の情報を元に書かれています。

コメントを残す

Copyright © 2017 ディスプレイ一体型パソコンNavi. ALL right reserved.